うつの病気に関する知識を習得【再発を防ぐためにも病院は有効】

治療を受けるメリット

婦人

適した治療方法をチェック

風邪を引いたら内科へ、腰痛がする場合は整形外科へ行くように、自分がうつ病にかかったかもしれないと感じたら精神科もしくは心療内科へ行く必要があります。しかし、現状ではうつ病患者の4人に3人は病院を定期受診していないというデータもあります。心療内科を受診するのは恥ずかしい、病院へ行くために仕事や家事・育児を休みにくいなどの事情が多いようですが、病院で治療を受ける事には様々なメリットがありますので知っておきましょう。どんな病気であっても病院に行く理由は何でしょう。病気を専門医によって正確に診断して欲しい。薬を処方して欲しい。我慢するより病院に行った方が早く治りそう。病院に行く理由は皆だいたいこのような感じではないでしょうか。精神科も同様の事が言えるのです。専門医に診断してもらい、その病状に適した薬を処方してもらえるのが大きなメリットです。病状は良くなったり悪くなったり変わりやすいものですから、定期的に受診してその都度薬の内容を見直してもらう事も大切です。また、うつ病の再発を防ぐためにも病院は有効です。更に、医師による治療を受けていれば仕事を公的に休業する為に必要な診断書を書いて貰う事も出来ます。うつと一言で言っても全ての患者が同じ症状という事ではありません。うつ病には大きく分けて2種類あります。一つは「大うつ病性障害」と言います。これがいわゆる鬱病で、抑鬱状態つまり気分が落ち込んだ状態がずっと続くのが症状です。もう一つが「双極性障害」です。抑鬱状態だけでなく気分が高まり非常に高揚した躁状態も現れるというのが違いです。双極性障害よりも「躁鬱病」と呼ばれて広く知られています。浮き沈みが激しく、元気になったり落ち込んだりを繰り返すので周囲の人に病気に気付いてもらいにくかったり、躁状態になった時は自分でも病気が良くなったのではないかと勘違いしてしまうなどの弊害もあります。また、この双極性障害には1年に4回以上、抑鬱状態と躁状態を繰り返すラピッドサイクラーという一型があります。通常の双極性障害は数ヶ月から数年でのゆっくりとした状態変化がありますので、この急速型には注意が必要です。どちらも総称して「鬱病」と呼ばれますが、それぞれ適した薬や治療方法が異なりますので自己判断はせず専門医にしっかり見定めて貰う事が大切です。

男性

最初に知っておきたい事

うつ病治療にかかる費用は人によって異なりますが、保険が適用することが多いです。また、長期的な治療を行う場合でも国のサポートを使うことで、負担額を抑えられます。最良の病院を選ぶには、自分と相性の合う医師がいるかどうかを基準にすると良いです。

診察

変化に躓きやすい

うつ病を発症する人の多くには共通した性格というものが存在します。だからといって必ず発症するというのではなく、そこにストレスなどの危険因子や心理社会的影響などが加わることによって、より発症しやすい環境が整うことになります。

ウーマン

正しく向き合おう

うつ病は誰でもなるものですが、生真面目な性格の人はかかりやすいと言われています。ストレスを発散する場を持ったり、日ごろから愚痴を聞いてもらうのも予防につながります。また、もしうつの症状が出たら早めに受診して治療をはじめつことが大切です。

聴診器

家庭中心の人は

うつ病の治療中は休養が必要になり、適さない環境であれば症状の悪化も考えられるため、入院治療も選択肢に入れなければなりません。どうしても通院治療を選択するのであれば、訪問看護やホームヘルプサービスなどの利用も検討するようにします。

男女

気長に考えよう

うつの症状を治したいのなら、うつを受け入れて焦らずゆっくりと治療していくことが大切です。自分で溜め込むのではなく家族や友人に話したり、カウンセリングを受けたりすることによって解消できる場合もあるため、口コミを参考に適した場所を探してみましょう。

Copyright© 2018 うつの病気に関する知識を習得【再発を防ぐためにも病院は有効】 All Rights Reserved.