うつの病気に関する知識を習得【再発を防ぐためにも病院は有効】

正しく向き合おう

ウーマン

周りの人を巻き込もう

精神科を受診してうつ病と診断された際には、抗うつ剤による薬物療法を行っていくのが主流となっています。精神科で処方された薬を飲むという事に抵抗感を抱く人も少なくありませんが、まずは薬を飲んでうつの症状を抑えたり、睡眠をとれるようにしたりしていく事が大切になります。薬を飲み始めてから1週間くらいは効果を感じられないケースも少なくありませんので、効かないからと自己判断で服用を辞めてしまうことはご法度です。同様に、症状が改善してからも、医師の指示なしに服用を辞めてしまうと再発のリスクが高まるため避けるべきです。自分がうつ病になったのだという事実をまず認め、家族や職場の人たちに甘える自分を許すことで治療は1歩前進するでしょう。休暇を取って時間が出来れば、ストレスから遠ざかることが出来る代わりに色々考えてしまう事もあるかもしれませんが、今は休む時だと考えてゆっくり過ごしましょう。医師の指示を信じて治療を進めていく事で、時間はかかっても再び日常を取り戻すことが出来ます。うつ病は誰しもかかりうる病気ですが、生真面目であったり、人に相談することが苦手で自分でなんでも抱え込んでしまったりするようなタイプの人がかかりやすいと言われています。また、仕事などで長期にわたって強いストレスにさらされているうちに、眠れないとか食べられないといった症状が出てきたら要注意と言えるでしょう。うつ病の予防方法としては、一人で悩まずに周りの人に相談したり頼ったりすることが大切で、こまめにストレスを吐き出していく事ができたり、違う視点の意見を聞いて自分の考え方を変えるきっかけにもなります。日ごろからそのようなコミュニケーションをとっていることで、もしうつを発症してしまった場合にも、早く気付いて受診を勧めてもらう事が出来、症状が軽いうちに治療を始める事にもつながります。自分の性格がうつにかかりやすいタイプであると感じる人は特に、愚痴を聞いてもらうなどストレスを吐き出せる場を持つことが大切です。そのような相手を持つ事が難しい場合には、自分が没頭できるような趣味を持つのも良いのではないでしょうか。

Copyright© 2018 うつの病気に関する知識を習得【再発を防ぐためにも病院は有効】 All Rights Reserved.